PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
タグふれんず

マンマ・ナビ

〜子どもスクスク役立ちコラム〜南区小児科外来です
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - |
ヒブ髄膜炎の予防接種が開始されました!
病院ヒブ髄膜炎ってなにおや?
ヒブ髄膜炎とはインフルエンザ菌b型(冬場に流行るインフルエンザウイルスとは全く違います)が原因で発症する髄膜炎のことです。
ヒブ(Hib)という細菌が、ヒトからヒトへ飛沫感染し、鼻咽腔に保菌され、肺炎や喉頭蓋炎、肺血症などの全身性疾患を引き起こします。なかでも髄膜(脳や脊髄を覆う膜)に感染するヒブ髄膜炎は最も頻度が高く、予後が悪い病気です。

病院ヒブ髄膜炎はいつかかるの?かかるとどうなるのおや?
多くの場合、生後3ヶ月から5歳になるまでの子どもたちがかかります特に2歳未満のお子さんに最も多いので、要注意です。毎年全国で約600人の乳幼児がこの髄膜炎にかかり約20〜30人が死亡し、20%くらいの子ども達に後遺症(聴覚障害、発達遅延など)がみられます。

病院ヒブ髄膜炎の治療法はおや?
ヒブ髄膜炎は初期症状がかぜと区別がつきにくく、簡単な検査では診断ができません。このためヒブワクチンが1987年に米国で開始され、WHOは1998年に定期接種ワクチンに推奨しています。現在では世界120カ国以上で導入されています。
病院ヒブワクチンの安全性はおや?
主な副反応は接種部位の赤みや腫れで、そのほか発熱が数%報告されています。これらは通常数日以内に消失します。
また、ヒブワクチンは製造工程にウシ由来の成分が使用されていますが、ワクチンが原因でTSE(伝達性海綿状脳症)にかかったという報告は現在までありません

病院ヒブワクチンの接種スケジュールはおや?
【接種開始年齢】        【接種回数と間隔】    【追加免疫の接種間隔】
生後2ヶ月〜7ヶ月未満 next4〜8週間の間隔で3回 nextおおむね1年後に1回
生後7ヶ月〜12ヶ月未満next4〜8週間の間隔で2回 nextおおむね1年後に1回
1歳児〜4歳児まで    next1回のみ           nextなし
チューリップ5歳以上の接種は行っていません。

病院ヒブワクチンの費用はおや?
厚生労働省などに公費接種を働きかけていますが、残念ながら自費接種でスタートします。みなみ子ども診療所では下記料金で接種していただけます。
【組合員料金】  next 1回 6,300円
【未加入者料金】next 1回 7,350円

病院ヒブワクチンの予約方法はおや?
チューリップワクチンは医療機関ごとに割り当てがあるため完全予約制で行います。
チューリップ子どもさんのお名前でワクチンを取り寄せますのでキャンセルはお避けください

チューリップまた、上記の安全性について説明をさせていただくため、来院での予約となりますお手数をおかけしますがご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。
チューリップ予約からワクチンが届くまで4〜6週間ほどかかります
チューリップ予約をしていただいた方へはワクチンが届き次第、お電話にて連絡しますので、実際の接種日はその時に予約させていただきます。



| - | 15:59 | comments(31) | - | - |
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
OTHERS